面倒な賃貸管理は専門業者に任せよう|楽々運営が実現

マンションと人物

基礎知識を身に付けよう

メンズとレディ

コストとリスクを知ろう

不動産投資を始める際には、リスクやコストについても理解しておきましょう。リスクやコストにどのようなものがあるのかを理解しておけば、思わぬ落とし穴にはまることもありません。まず、不動産投資のリスクには、空室リスク、災害リスクがあります。空室リスクとは保有している賃貸物件に入居者がいなくなってしまい、家賃収入が途絶えてしまうリスクのことを言います。一般的に、人口増加エリアでは空室リスクが低く、郊外若しくは過疎エリアでは空室リスクが高いといわれています。災害リスクとは、地震や火事によって、保有していた賃貸物件が貸出できなくなるリスクを言います。空室リスクは投資エリアを厳選することである程度回避をすることができます。また、災害リスクは火災保険などで一定程度まではカバーすることができます。補償の内容が実情に合っているかどうかしっかりと確認しておきましょう。次にコストについて見てみましょう。不動産投資におけるコストは大きく2つに分かれます。1つは賃貸物件を購入する際にかかるコストです。不動産会社に支払う売買仲介手数料や登記費用、不動産取得税や契約時の印紙といった税金等があります。もう1つは不動産投資を継続することで発生するランニングコストです。管理会社に支払う管理手数料のほか、管理組合に納める管理費や修繕積立金、固定資産税や所得税といった税金があります。支払時期をあらかじめ確認しておき、慌てないようにしておきましょう。